◆ 由    来
 「朝日米といえば岡山」といわれるほど、朝日米は岡山県を代表する米である。
 その歴史は古く明治時代にさかのぼる。朝日は、西日本における良質米の代表品種として、昭和初期に一時代を画した「旭=京都旭」から選抜された晩生種として高い評価を受けている。
 旭は明治41年に京都府乙訓 郡向日町物集女(現在向日市)で山本新次郎氏が「日ノ出」を栽培していた中に変わった二穂を発見し、それを育て日ノ出にちなんで「朝日」と命名した。
 当時すでに「朝日」と呼ぶ品種が京都府の丹後地方に広く栽培されていたので、京都府農業試験場で明治44年に「旭」と改名した。

朝日=京都旭=日の出選←日の出

◆ 誕    生
 西日本で広く造られていたのは「神力」であったが、大正14年に米の小売りが容量制から重量制に 変わり、神力は急速に旭に席を譲っていった。
 旭は玄米を精白したときの歩溜まりがよく、同じ一生でも神力に比べて重たかった為市場に歓迎された。 しかも、旭はコシヒカリのように粘っこい味ではなく、ふくよかな、あっさりした味で口当たりがよかった。
岡山県農業試験場でも京都府農業試験場から旭を取り寄せ、神力を対象とする品種比較試験を行っていたが、品質が良く、良食味で収量も神力に劣らないなどの理由により、大正14年2月に奨励品種に決定された。そのころ岡山県ではすでに「旭」と称されていた品種が別に存在していたため「京都旭」との混同を避けるため、「朝日」の文字が用いられた。
  岡山農業試験場では純系淘汰試験を行い、在来の朝日より収量が多く、腹白がなく、背丈の短い「朝日47号」を分離選出した。そして、この新系統が昭和6年より増殖され、これが現在の朝日となっており、奨励品種に採用されて以来、地力の高い県南地域を中心に普及し岡山県の看板米として、市場でも高い評価を受け、現在では、全国で唯一残った旭系品種として注目されている。優点良食味品種。欠点倒伏と脱粒がある。穂長20.8p10a当たり収量(玄米重量)536s穂数255本(平均)千粒重23.6g(平均)精米する時食米の中では酒米として も使用される米だが中心部に心白が少ない品種である。

◆ 朝日は誇れる品種
  朝日はコシヒカリ以外の唯一の1類品種、朝日は、県内でも最高の良食米として古くから自他共に認める品種、米穀業者せん望の的になっている高級種です。食糧庁は11年産米の銘柄区分を発表しましたが、コシヒカリ以外では岡山県産朝日だけが1類に残り、宮城のササニシキは2類に落ちました。
  市場評価に基づいて食糧庁が決める銘柄区分ですから、岡山県産朝日は自他共に認める良食味米と自負できます。
平成11年11月23日に秋田県大潟村で「第1回おいしい米づくり日本一大会」が開かれ、団体や個人が収穫した新米を持ち寄り、米をとぐ回数や蒸らし時間、使用する炊飯器を統一し、料理評論家の5人の方が米を口に含み数回かんで、味や香り、粘りなどを審査した結果。無農薬部門は「岡山県産朝日米」減農薬部門は「山形県産コシヒカリ」が優勝した。
朝日米の生産地としては大変喜ばしいことです。

朝日のひ孫がコシヒカリです。「あきたこまち」は「コシヒカリ」の子なので朝日からいうと玄孫(やしゃご)になります。

同様に、ひ孫がササニシキです


◆ 岡山県での朝日米
 朝日米は岡山県・全国的にも美味しい米の代表品種として認められています。古くから東は、「亀の尾」西は「朝日」がわが国の美味しい米の代表とされており、現在の美味しい米の大 部分がこの2品種の血を入れて改良されてきました。コシヒカリ、ササニシキも品種改良のルーツをたどれば亀の尾、朝日に到達します。岡山県ではその「朝日」にこだわって現在も純系淘汰で県奨励品種として岡山ブランドの看板米にし推進 していますが、米事情の厳しい現在も一層の生産拡大が望まれ期待されています。特産のブランド米として自負できる高品質『朝日米』 の生産を目指しています。

◆プロも指名する岡山産のブランド米
 岡山産のブランド米として有名な、朝日米。
 「すべてのお米の中でも3本の指に入るおいしさ」といわれ、寿司職人や高級料亭のプロが指名する逸品として知られています。
 岡山では「お米は朝日米でなくちゃ」というお母さんも多く、新潟県産コシヒカリにも肩を並べる人気を誇っています。

◆コシヒカリのルーツ、歴史ある有名品種
 朝日米は、現役のお米の中では非常に古い品種で、明治時代に京都で生まれた「京都旭」を岡山農業試験場が純系淘汰を行い、大正時代に「朝日米」として確立したものだそう。
 現在流通しているお米の中では唯一、人工交配をしていない在来品種でもあります。
また、コシヒカリ、ササニシキのルーツとも言われ、そのおいしさは「東の亀の尾、西の朝日」という言葉もあるほど、多くの人々に認められてきました。

◆しっかりしたコシと深い味わいが持ち味
 朝日米は、コシヒカリのようなもちもちとした食感ではなく、ふっくらとした適度な粘りとしっかりしたコシがあり、深い味と甘みを持っています。炊きたてのおいしさはもちろん、冷めても味が落ちないために、とくにお寿司には抜群の相性で、全国の寿司職人が好んで使っていたのだそう。
 また、他の種類のお米に比べて約1ヶ月も収穫が遅いという晩稲種であるのも、朝日米の特徴。
 特に寒い地方のお米は9月末ごろから新米が出回り始めますが、朝日米の新米が出回るのは11月頃。たっぷりと太陽の光を浴びてゆっくりじっくり育ったぶんだけ、味わいが深くなっているのかもしれません。

◆誇れる品種朝日は
 コシヒカリ以外の唯一の1類品種、朝日は、県内でも最高の良食米として古くから自他共に認める品種、米穀業者せん望の的になっている高級種です。食糧庁は11年産米の銘柄区分を発表しましたが、コシヒカリ以外では岡山県産朝日だけが1類に残り、宮城のササニシキは2類に落ちました。
 市場評価に基づいて食糧庁が決める銘柄区分ですから、岡山県産朝日は自他共に認める良食味米と自負できます。
平成11年11月23日に秋田県大潟村で「第1回おいしい米づくり日本一大会」が開かれ、団体や個人が収穫した新米を持ち寄り、米をとぐ回数や蒸らし時間、使用する炊飯器を統一し、料理評論家の5人の方が米を口に含み数回かんで、味や香り、粘りなどを審査した結果。無農薬部門は「岡山県産朝日米」減農薬部門は「山形県産コシヒカリ」が優勝した。朝日米の生産地としては大変喜ばしいことです。

◆岡山県だけで作られる「幻のお米」
 そんな優れた特徴を持つ朝日米ですが、一方で穂からモミが落ちやすく稲が倒れやすいという性質もあるため、効率化・機械化の中で生産者が激減。
 いまでは、岡山県でわずかに生産されているだけとなり、市場では「幻のお米」と呼ばれるようになってしまいました。とくに関西では、朝日米が手に入らなくなって嘆いている寿司職人さんも多いそう。
 岡山県内ではまだ一般のスーパーでも流通し、比較的手に入りやすい朝日米ですが、それは岡山の米農家さんが効率化の波に負けず、一生懸命がんばってくださっているから。本当に「幻のお米」となって消えてしまわないよう、しっかりと岡山っ子で支えてい下さい。